世界のトップモデルも愛用するというダイエット治療薬のゼニカルは大きなダイエット効果が得られる他に副作用が少ないことでも有名なお薬ですが、健康被害のほかにトイレが汚れるなどの問題が利用者の間で注意を呼びかけています。

ゼニカル使用中の食事ではごはんは少なくしよう

ゼニカルはFDA(アメリカ食品医薬品局)でも認可されている薬で、医師の処方箋が必要な薬です。効果としては、服用開始から約2週間以内に体重が減ってくるとされています。そして、半年~1年ほどその効果が持続すると言われています。
これは、ゼニカルの服用によって、脂肪分解酵素リパーゼの働きが阻害されるからです。すると食事による脂肪分の吸収率が下がるので、結果的にカロリーダウンすることが出来ます。
ただし、ゼニカルは脂肪の吸収を抑える薬なので、食事でごはん中心という人には不向きです。ごはんは脂質ではなく、糖質がメインの栄養素です。ゼニカルは糖質の吸収を抑える効果はないので、ごはん単品という食事方法では、カロリーダウン効果は期待出来ません。
もっと効果を出したいならば、肉、魚、卵、などタンパク質と脂質がメインの食材を摂取するようにしましょう。また、野菜の摂取量を増やすのもダイエット効果が期待出来ます。
野菜には糖質が微量に含まれますが、葉物野菜であればそれほど糖質量は気にしなくてOKです。ただし、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、などの根菜類は糖質の量が多めなので、控えるようにしましょう。根菜類というと、便秘解消に良いと言われているごぼうも糖質が多めです。
食物繊維を食べないと便が出なくなると言われていますが、それはワカメなど海藻類の水溶性食物繊維で補えば便秘にはなりません。また、ゼニカル服用中は油が便に混じって出てくるので、かえって便がゆるくなる問題の方が大きいです。
また、飲み方として、ごはんものメインの食事の時にはゼニカルは意味がないので、その時には飲まなくても良いというふうに決めておくのも良いでしょう。